過払い金返還請求について|1週間のキャッシング

払いすぎた金利は過払い金請求で返してもらえる

貸金業者からお金を借りる時に現在では「利息制限法」という法律により融資金額に応じて上限利息が最大で20%と決められています。
1週間のキャッシング、一定期間無利息のキャッシングのみを利用していた方は
そう多くはないと思いますのでぜひ、ご自身の過払い金をチェックしてみてください。

 

しかしこの上限金利が規定される前には「出資法」という法律で上限金利が29.2%と決められていたため、20%から29.2%のいわゆるグレーゾーン金利で貸し付けていた貸金業者が存在しました。

 

お金を借りる時にこのグレーゾーン金利で借りた人は利息を払い過ぎていることとなり、返還してもらう代わりに元本を減らしてもらうことを「過払い金返還請求」と言います。
これはキャッシングを利用した人であれば全員認められている、当然の権利だと言えます。

 

自分は過払い金返還請求をすることができるのか分からない場合を含めて一度弁護士などの専門家に相談することをおすすめします。
過払い金の返還請求は万が一貸金業者が倒産してしまったり、お金を借りてから10年以上経つと時効となって請求できなくなってしまいますので早めに相談しましょう。