携帯電話の料金を滞納した場合|1週間のキャッシング

三か月以上料金を滞納するとブラックリストに載る

スマートフォンを契約すると機種代金は高額になるため主に2年で分割して支払っていく仕組みが取られており、毎月の携帯電話代金は携帯電話の利用料金(基本料金、通話料、オプションなど)と携帯電話の端末代金の2つが合わさった代金になります。
これらの料金を滞納すると2週間程度で督促状の手紙が届き、書かれている期限までに支払わないと「お客様の都合で・・」というアナウンスが流れて使えなくなります。
そしてこの端末代金については3か月以上滞納するとブラックリストに載ってしまいます。

 

そして利用料金についても滞納して3か月以上経つと強制解約となってしまいます。
もちろん利用料金と端末代金を分けて支払うことはできません。

 

一度ブラックリストに滞納が登録されてしまうと自然に消えるまで(最長で5年)他のキャリアの携帯電話を契約することもできません。
私達の生活に欠かせないものになっている携帯電話、滞納しないようにキャッシングを利用してお金を返すことをおすすめします。

 

また、この携帯電話料金の滞納が原因でブラックリストに掲載されたことに気付かず
1週間のキャッシングを申込み、審査に通らないということもありますので気を付けましょう。